オール電化の導入をご検討されている方はぜひ!

初心者向け情報【オール電化の導入】

ハウツー

固定価格買収制度・災害補償・最大出力・CIS(シーアイエス)太陽電池・CIGS(シーアイジーエス)太陽電池

投稿日:

太陽光発電について色々な用語を集めてみました。

固定価格買収制度

自然エネルギーからの電力を一定の期間、有利になるよう固定価格を定め全電力量を買収するよう電力会社に法律上義務つけた買収価格助成制度です。

その制度のモットーは自然エネルギーの利用を幅広く増やしていく事で、先に導入している消費者にメリットを与え、後から導入する消費者には設備導入のコストを安く設定し、値下がりを期待する消費者の買いたい気持ち控える気持ちをコントロールする効果も見込みます。

災害補償

自然災害は様々で、落雷、震災などで太陽光発電システムの太陽電池モジュールが故障してしまう場合もないとは限らないので、それの修理費用に対応した補償をしてくれるサービスで、各メーカーの太陽電池モジュールに対しての保証期間は10年間です。

最大出力

単位はw(ワット)で表され、太陽電池モジュールが発電する最大の電力の事です。

CIS(シーアイエス)太陽電池

Cu:銅、In:インジウム、Se:セレンからの元素で出来た化学物半導体の薄膜を利用し、太陽電池で発電させる事で、どこまで発電層の厚みを薄く出来るかというと、2マイクロメートルから3マイクロメートルで、低コストで作れる事がメリットなのと、大変注目を集めている訳は、EPTをシリコンがた太陽電池の6割まで短縮可能という点です。

CIGS(シーアイジーエス)太陽電池

Cu:銅、In:インジウム、Ga:ガリウム、Se:セレンの元素で出来た化学半導体の薄膜を利用した太陽電池で、様はCIS太陽電池と同じく発電層の厚み薄くし、低コストがメリットで、こちらも大変注目を浴びている点があるのですが、それは季節限らず夏であれ、安定した出力をキープ出来るという事です。

-ハウツー

Copyright© 初心者向け情報【オール電化の導入】 , 2019 All Rights Reserved.