競争率の高い出会い系サイトほど熟女からの返信率が低い

競争率の高い出会い系サイトほど熟女からの返信率が低い

出会い系サイトは競争率が高い?

貴方は『出会い系サイト』を利用した事はありますか?

利用してみても全く女性との交流が持てない。

もしくは男性との交流が持てない――そういった悩みは誰しもあると思います。

出会い系サイトには『基本料金が無料』であるものや、『月額料金がかかる』ものなど、無料から有料まで多種多様な種類があります。

先程の『女性との交流を持てない』、もしくは『男性との交流を持てない』というのは、そこに起因している可能性があります。

それついては『何故?』と思われる方が多いでしょう。

しかし、有料と無料とでは大きな違いがあるのです。

無料の出会い系サイトは競争率が高い?

ここで出会い系サイトの男女比率に注目してみましょう。

出会い系サイトでは、その女性利用者の少なさから男性側の比率が高くなる場合が殆どです。

故に男性会員には無いサービスなどを提供して女性会員を募る訳ですね。

これは無料の出会い系サイトでは難しい問題です。

何故なら元手が何も無いのですから、宣伝などもまともに行えないからです。

その点有料サイトの場合は豊富な資金があるので、大手を振って宣伝活動が出来てしまうのです。

これでは女性が有料サイトの方に靡いてしまうのも当然と言えば当然だと言えます。

そうして有料の出会い系サイトは豊富な資金で女性を確保するのです。

ですが、大半の世の男性からすれば、そんな男女比率どうのこうのよりも無料でお金が掛からないという点の方に惹かれますよね。

有料よりも無料が好まれるのも人間の心理としては致し方ないのかも知れません。

しかし、男女比率の問題があるので、、無料出会い系サイト内での男性達の競争はどうしても激しくなってしまいます。

この上、大手の出会い系サイトなどであれば更に競争率は高くなる傾向にあります。

そして競争率が高ければ、男性利用者に対する女性利用者のメール返信などの返信率が低くなってしまうのです。

それはそうですよね、女性利用者は男性よりも数が少ないが故に慌てる必要もなく、自分に集まってくる男性達の中から好きな男性を選ぶ事が出来るのですから。

競争率の高い無料の出会い系サイトよりは、男女比率の安定している有料出会い系サイトの方が女性を見つける上では有利と言えます。

それでも一概にはどちらがいいかなどとは言えないので、ご自分で利用して確かめるのが一番かと思われます。

同時登録先の熟女専用出会い系サイトの規約も読んでみよう

同時登録先の熟女専用出会い系サイトの規約も読んでみよう

出会い系サイトの落とし穴

世の中には色々な出会い系サイトが存在します。

それは携帯電話、そしてインターネットなどの普及、発展に伴う必然であると言えます。

そして男女の交友も頻繁にそういった出会い系サイトを介するようになりました。

通常、出会い系サイトは個人情報をサイト内に登録する事で利用が可能になります。

基本料金が無料というサイトも多々あるので、『とりあえず登録しておこう』、と登録したまま放置している方も多いのではないでしょうか。

それは別に悪いことではないのですが、その登録を行う前に貴方は確りと利用規約に眼を通しましたか?

その規約の中に『同時登録』なんて文言は含まれていませんでしたか?

もし含まれていたような覚えがあるのなら要注意です。

知らない内に登録されている?

同時登録とは、利用料無料を謳った出会い系サイトなどの利用規約の中に含まれている事が多い語句です。

文字通り、登録する際に違うサイトにも同時に登録されてしまうというシステムです。

『何だ、それだけか』と思われるでしょうが、『それが重要なのです』同時登録先のサイトの内容を知らないまま、登録してしまえば、知らない内にそのサイトを利用していなくてもしているようになってしまいます。

例えば、登録した出会い系サイトが無料だとしても登録先のサイトが無料だとは限らないのです。

同時登録されたサイトが有料であれば、利用の有無に関わらず、月額料金などを支払わなければいけなくなります。

知らず知らずの内に請求を受けてしまうなんて事もあり得るのです。

しかもこの『同時登録』――大手の出会い系サイトの中でもある事なのです。

大手だからといって生半可に安心してしまっていると、同時登録先のサイトから思いもよらぬ請求を受けてしまうかも知れません。

ですから、出会い系サイトを利用する際はきちんと利用規約を確認し、同時登録をするか否かの任意のチェックなどがある場合は、そのチェックマークを外しておかなければなりません。

利用するにも確りとした確認が必要という事ですね。

以上の点に気を付けて、出会い系サイトは利用するようにしましょう。

抄録→熟女出会い系

タイトルとURLをコピーしました