ママ活をしたら訴えられることもあると聞きどんなケースがあるのか気になります。

ママ活をしたら訴えられることもあると聞きどんなケースがあるのか気になります。

マッチング専用のサイトやアプリなどもできて、ママ活したいと思った時に条件の合う相手を効率的に探しやすくなったのは非常に便利です。

しかし、警戒をしておかなければ訴えられてしまう事態が発生することもあるため、こういったケースもあるということを知っておく必要があります。

ママ活をしている女性が既婚者だった

女性側が金銭的なゆとりのある既婚者というケースが多いママ活で最も気をつけておきたいのが、女性と付き合うのが不貞行為に該当することです。

お互いに納得の上でママ活をしていたとしても、たとえ肉体関係にならなかったとしても、デートをしただけで不貞、不法行為とみなされることがあります。

犯罪ではないので逮捕はされませんが、女性の夫に関係がバレれば妻の不倫相手となる男性を訴えて慰謝料請求することが可能になるのです。

未成年のうちにママ活をしてしまった

ママ活をしている男性側が18歳未満の児童だった場合、成人している女性側が児童ポルノ法違反で罰せられてしまいます。

こちらは未婚既婚に限らず、肉体関係の有無も無関係で犯罪と見なされることがあるため危険です。

羽振りがよくなった男性の保護者が怪しんでママ活していたことを突き止め、相手の女性が訴えられるということもあります。

合意のはずが無理矢理だったと騒がれた

女性と肉体関係を持つ時にお互いに意思確認をして合意を得たはずなのに、これ自体が男性に無理矢理迫られた、行為を強要されたと脅すための詐欺というケースがあります。

訴えられれば男性は不利ですので、会ったばかりでよく知らないうちからホテルに誘ってくる女性には注意してください。

タイトルとURLをコピーしました